サイディング 塗装 継ぎ目

サイディングを塗装する時、継ぎ目部分も塗装するの?

サイディングはボードを重ねて貼っているため、外壁にはボードの繋ぎ目部分があります。
この繋ぎ目部分はゴム状のコーキング材で埋められています。
継ぎ目のコーキングにはどんな役割があるのでしょうか?
サイディングを塗装する時には、この継ぎ目部分も塗装する必要があるのでしょうか?

 

 

●コーキングはサイディングボードの継ぎ目から水の浸入を防いでいます。
●継ぎ目部分のコーキングの補修に塗装は適していません。

 

 

 

サイディングと共に外壁を守るコーキング

サイディングは構造上ボードとボードの間に隙間が出来てしまいます。
この隙間にコーキング材を詰めることで、隙間を密閉し、水や汚れが下地に侵入していくことを防いでくれています。
コーキング材には可塑剤と呼ばれる弾力性を持たせる成分が含まれているため、ゴムのような弾力性のある手触りです。
この弾力性によって、地震による揺れが生じたとしても、またサイディングの収縮が生じたとしても揺れの負担を緩和させることができ、陶器や金属のような固いサイディングをつなぐクッション的な役割を果たしています。
コーキング部分はサイディングの隙間を単純に埋めているだけでなく、雨水の浸入を防ぐことや、揺れによる衝撃から家を守る大事な役割を果たしているのです。

 

 

 

コーキングの補修はコーキングで!

コーキングが外壁や家を守る役割を果たしていることを考えるのであれば、劣化して防水性が低下することを避けなければいけません。
そうであれば、サイディングを塗装する時に一緒に塗装すれば良いのではないかと考えるかもしれません。
確かに同じタイミングで補修することは効果的です。
しかし、コーキング部分は弾力性が必要なので、塗装ではなくコーキングの打ち増しか、打ち替えによって補修すべきです。
悪徳業者の中には、色のないクリア塗装でコーキング部分を塗る業者もいるようです。
しかし弾力性が必要な継ぎ目部分を塗装で塗ってしまってはいけません。

 

 

 

まとめ

サイディングのボードとボードの継ぎ目を埋めているコーキングは、弾力性のある素材によって雨水の浸入を防ぎ、揺れによる衝撃から家を守る大事な役割を果たしています。
サイディングが劣化していなくても、コーキングが劣化してしまえば、外壁を保護する力を失ってしまうので、定期的な補修が大切です。
補修の際には、塗装するのではなく弾力性のあるコーキングで補修する必要があります。

 

 

▼30秒で複数業者に一括見積り!▼


【リショップナビ】



関連ページ

サイディング壁の塗装は不要?メンテナンスフリーって本当!?
サイディング壁はメンテナンスが楽、メンテナンスフリーと言われたりもします。では、サイディング壁の塗装は不要なのでしょうか?
窯業系サイディングの特徴は?何に気をつけて塗装すればいいの?
窯業系サイディングにはどのような特性があり、どんな点に注意して塗装すると良いのでしょうか?
塗装でサイディングに適しているのはつや消しとつや有りのどっち?
外壁の塗装で使われる塗料には、つや消しとつや有りがあります。サイディングを塗装する際に、つや消しとつや有りはどのように選ぶと良いのでしょうか?
サイディングの塗装には吹き付けとローラー塗装どっちがいいの?
同じ塗料を使って外壁を塗装する場合でも塗装の方法には吹き付けによる塗装とローラーを使った塗装があります。サイディング外壁を塗装する場合は、吹き付け塗装とローラー塗装のどちらが適しているのでしょうか?
サイディングの目地に隙間が出来ている時の塗装はどうするの?
サイディング外壁の家は、サイディングの繋ぎ目、目地部分に隙間が出来ているのを発見することがあるかもしれません。どんな補修が必要なのでしょうか?
サイディング塗装におけるコーティング目地の補修工程は?
コーキング目地の補修は塗装の前後どちらのタイミングで行うのが良いのでしょうか?コーキング目地の補修工程を確認しておきましょう。
サイディング塗装でのコーキングは打ち替えと打ち増しどっちがいいの?
サイディングの塗装を行う際には、コーキング部分の劣化のチェックも必要です。 劣化が進んでいるのであれば、出来るだけ早く補修すべきです。補修方法には打ち替えと打ち増しがありますが、どんな違いがあるのでしょうか?
サイディングを塗装する時の注意点とは?
モルタル外壁が一般的だった日本も、今では新築の8割以上がサイディングを使用されています。モルタル外壁とは違う、サイディングを塗装する時の注意点を知っておきましょう。
サイディング外壁をクリア塗装する場合の手順は?
塗装の際に、気に入っているサイディングの柄を残すためにクリア塗装を選ぶ方は多いのではないでしょうか?塗装の手順は普通の塗料と違うのでしょうか?