サイディング 隙間 塗装

サイディングの目地に隙間が出来ている時の塗装はどうするの?

サイディング外壁の家は、サイディングの繋ぎ目、目地部分に隙間が出来ているのを発見することがあるかもしれません。
どうして隙間が出来てしまったのでしょうか?
どんな補修が必要なのでしょうか?

 

 

●コーキングの劣化によって隙間が出来ているならコーキングの補修が必要です。
●サイディングボードが浮いて出来た隙間は埋めない補修が必要です。

 

 

 

塗装だけでは不十分!コーキングの補修が必要!

サイディングボードの繋ぎ目部分に隙間が出来たという方は多いのではないでしょうか?
この原因の多くは、繋ぎ目部分にあるゴム状の目地、コーキングの劣化です。
日当たりの良い場所など、紫外線に晒されて劣化して剥がれてしまったり、日に日に硬化してしまったことで外壁の引っ張りに耐えられなくなったりして隙間が出来てしまうのです。
コーキングの耐用年数は塗料の年数よりも短く3〜5年程です。
塗装は綺麗な状態を保てていても隙間が出来ているなら、問題は塗装の劣化ではなくコーキングの劣化なのでコーキング部分の補修が必要です。
隙間が出来ている部分のみの補修も出来ますが、数カ所も劣化が見られるのであれば、既存のコーキングを全て取り除いて全て一緒に新しく打ち直した方が良いでしょう。
もし、コーキングの隙間が塗装後1年程で出来てしまったのであれば、施工不良の可能性もあります。
コーキングを打つ前に接着剤の役割を果たすプライマーの注入不足やコーキング不足が原因かもしれません。
あまりにも早い劣化が見られるのであれば、同じ塗装業者に頼むのは注意した方が良いかもしれません。

 

 

 

サイディングボードの浮きで出来た隙間は埋めてはダメ!

サイディング外壁に隙間ができる別の原因として、サイディングボードの浮きがあります。
トラックが頻繁に走る大通りの近くや線路の近くの家、また地震などの振動によってサイディングボードが徐々に浮き上がり隙間ができることがあります。
浮いているままにしておくなら、ボード自体が剥がれ落ちたり、下地に雨が入り込んだりと問題が大きくなる可能性があるので補修が必要です。
隙間だからといって、この場合の補修にコーキングはダメです。
サイディングボードの貼り方の中には、重なりあって貼ることで雨漏りを防ぐことが出来ているものがあり、多少の隙間を設けることで雨水を外に流している場合があります。
もし、この必要な隙間をコーキングで塞いでしまうなら、反対に水が溜まる原因となってしまうのです。
サイディングボードの浮きによって出来た隙間は、塞いでしまうのではなくボードを、ビスを使って下地に固定することで正しい隙間に補修出来ます。

 

 

 

まとめ

サイディングに隙間ができる原因はいくつかあります。
その原因を理解していなければ、放っておくのも危険ですし、間違った補修によってさらに事態を悪化させる可能性もあります。
隙間の原因解明が問題解決の近道なのです。
塗装業者に原因を追究してもらい、その原因に合った方法で補修してもらいましょう。
塗装だけをしても、外壁の耐久性は保てません。
隙間を補修してから塗装を行いましょう。
外壁塗装の際には、ただ塗り替えるだけでなく、隙間やヒビなどの他の劣化が生じていないかも確認し、2度手間な工事にならないように順を追って適切な塗装工事を行えるようにしましょう。

 

 

▼30秒で複数業者に一括見積り!▼


【リショップナビ】



関連ページ

サイディング壁の塗装は不要?メンテナンスフリーって本当!?
サイディング壁はメンテナンスが楽、メンテナンスフリーと言われたりもします。では、サイディング壁の塗装は不要なのでしょうか?
窯業系サイディングの特徴は?何に気をつけて塗装すればいいの?
窯業系サイディングにはどのような特性があり、どんな点に注意して塗装すると良いのでしょうか?
塗装でサイディングに適しているのはつや消しとつや有りのどっち?
外壁の塗装で使われる塗料には、つや消しとつや有りがあります。サイディングを塗装する際に、つや消しとつや有りはどのように選ぶと良いのでしょうか?
サイディングを塗装する時、継ぎ目部分も塗装するの?
サイディングはボードを重ねて貼っているため、外壁にはボードの繋ぎ目部分があります。サイディングを塗装する時には、この継ぎ目部分も塗装する必要があるのでしょうか?
サイディングの塗装には吹き付けとローラー塗装どっちがいいの?
同じ塗料を使って外壁を塗装する場合でも塗装の方法には吹き付けによる塗装とローラーを使った塗装があります。サイディング外壁を塗装する場合は、吹き付け塗装とローラー塗装のどちらが適しているのでしょうか?
サイディング塗装におけるコーティング目地の補修工程は?
コーキング目地の補修は塗装の前後どちらのタイミングで行うのが良いのでしょうか?コーキング目地の補修工程を確認しておきましょう。
サイディング塗装でのコーキングは打ち替えと打ち増しどっちがいいの?
サイディングの塗装を行う際には、コーキング部分の劣化のチェックも必要です。 劣化が進んでいるのであれば、出来るだけ早く補修すべきです。補修方法には打ち替えと打ち増しがありますが、どんな違いがあるのでしょうか?
サイディングを塗装する時の注意点とは?
モルタル外壁が一般的だった日本も、今では新築の8割以上がサイディングを使用されています。モルタル外壁とは違う、サイディングを塗装する時の注意点を知っておきましょう。
サイディング外壁をクリア塗装する場合の手順は?
塗装の際に、気に入っているサイディングの柄を残すためにクリア塗装を選ぶ方は多いのではないでしょうか?塗装の手順は普通の塗料と違うのでしょうか?