サイディング 塗装 不要

サイディング壁の塗装は不要?メンテナンスフリーって本当!?

サイディング壁はメンテナンスが楽、メンテナンスフリーと言われたりもします。
では、サイディング壁の塗装は不要なのでしょうか?

 

 

●美観を保つためにサイディング壁の塗装は必要です。
●見た目だけじゃない!塗装によって家そのものを守ることが出来ます。

 

 

 

サイディング壁の塗装が必要なのはナゼ?

外壁塗装をする理由のひとつに、見た目の問題があります。
外壁は強い日差しや雨風に直接晒されています。
そのため、年月の経過とともに劣化し、艶が無くなったり色褪せたり、変色がおきてきます。
コケや汚れは定期的な洗浄である程度防げますが、色褪せなどの見た目の劣化は塗装を行はなければ改善できません。
劣化したサイディング壁を塗装することで美観の美しさを取り戻すことが出来ます。

 

 

 

塗装が家を守る!

しかし、サイディング壁に塗装が必要なのは美観のためだけではありません。
実は新品のサイディングは製造時に既に塗装が施されています。
一般的に使われている、セメントが主成分の窯業系サイディングは、塗装を施すことによって防水性を高めています。
では、金属系サイディングであれば塗装は必要ないのでしょうか?
金属系のサイディングの場合もやはり、金属の敵ともいえる錆から保護するために表面に塗装が施されています。
サイディングは塗装によって水や錆を防いでいるというわけです。
ですから、年月の経過によって塗料の耐久性が無くなってしまうと、サイディング壁は雨水を通して、雨漏りの原因になってしまったり、錆によって穴が空いてしまったりするのです。
塗料の劣化が、外壁や構造体、家そのものを危険に晒すことになります。
耐久性がある、耐用年数が長い塗料はありますが、今のところメンテナンスが一切不要の塗料はありません。
ということは、元々塗装が施されているサイディングには塗装が必要不可欠です。
サイディング壁は、美観のためだけでなく家を守るために塗装、「再塗装」が必要となるのです。

 

 

 

まとめ

サイディング壁は塗装によって劣化した見た目から美しさを取り戻すことが出来ます。
また、美観だけでなく再塗装することで水の浸入や錆の発生を防ぎ、家そのものを守る役割を果たしてくれます。
サイディング壁はメンテナンスフリーではなく、塗装が必要なのです。

 

 

▼30秒で複数業者に一括見積り!▼


【リショップナビ】



関連ページ

窯業系サイディングの特徴は?何に気をつけて塗装すればいいの?
窯業系サイディングにはどのような特性があり、どんな点に注意して塗装すると良いのでしょうか?
塗装でサイディングに適しているのはつや消しとつや有りのどっち?
外壁の塗装で使われる塗料には、つや消しとつや有りがあります。サイディングを塗装する際に、つや消しとつや有りはどのように選ぶと良いのでしょうか?
サイディングを塗装する時、継ぎ目部分も塗装するの?
サイディングはボードを重ねて貼っているため、外壁にはボードの繋ぎ目部分があります。サイディングを塗装する時には、この継ぎ目部分も塗装する必要があるのでしょうか?
サイディングの塗装には吹き付けとローラー塗装どっちがいいの?
同じ塗料を使って外壁を塗装する場合でも塗装の方法には吹き付けによる塗装とローラーを使った塗装があります。サイディング外壁を塗装する場合は、吹き付け塗装とローラー塗装のどちらが適しているのでしょうか?
サイディングの目地に隙間が出来ている時の塗装はどうするの?
サイディング外壁の家は、サイディングの繋ぎ目、目地部分に隙間が出来ているのを発見することがあるかもしれません。どんな補修が必要なのでしょうか?
サイディング塗装におけるコーティング目地の補修工程は?
コーキング目地の補修は塗装の前後どちらのタイミングで行うのが良いのでしょうか?コーキング目地の補修工程を確認しておきましょう。
サイディング塗装でのコーキングは打ち替えと打ち増しどっちがいいの?
サイディングの塗装を行う際には、コーキング部分の劣化のチェックも必要です。 劣化が進んでいるのであれば、出来るだけ早く補修すべきです。補修方法には打ち替えと打ち増しがありますが、どんな違いがあるのでしょうか?
サイディングを塗装する時の注意点とは?
モルタル外壁が一般的だった日本も、今では新築の8割以上がサイディングを使用されています。モルタル外壁とは違う、サイディングを塗装する時の注意点を知っておきましょう。
サイディング外壁をクリア塗装する場合の手順は?
塗装の際に、気に入っているサイディングの柄を残すためにクリア塗装を選ぶ方は多いのではないでしょうか?塗装の手順は普通の塗料と違うのでしょうか?