サイディング 塗装 吹き付け

サイディングの塗装には吹き付けとローラー塗装どっちがいいの?

同じ塗料を使って外壁を塗装する場合でも塗装の方法には吹き付けによる塗装とローラーを使った塗装があります。
サイディング外壁を塗装する場合は、吹き付け塗装とローラー塗装のどちらが適しているのでしょうか?

 

 

●塗膜の形成にはそれほど差はありません。
●サイディングには凹凸にも対応できるローラーが適しています。

 

 

塗膜で比較!

機械を使って塗料を霧状にして吹き付けて塗装する吹き付け塗装と、ローラーを使って塗料を塗っていくローラー塗装では、塗装方法は違っても形成される塗膜にはほとんど差はありません。
塗膜の厚さで耐久性を比較されることもありますが、耐久性は厚ければいいわけではなく適切な厚さを保つことが出来れば耐久性を存分に発揮します。
吹き付けであっても、ローラーであっても塗料に必要な適切な厚みで塗装することは可能なので、塗膜の厚さや形成状態で比較することは出来ません。

 

 

 

凹凸に対応するのは手塗りのローラー!

吹き付けによる塗装は霧状にして機械で塗装していくので、早いスピードで塗装することが可能です。
しかし霧状に飛散するため、実は使用料の半分程度しか塗料は付着できていません。
そして、凹凸がある面では塗料が行き渡りにくいというデメリットがあります。
ローラーであれば毛足の長いタイプを使うことで凹凸部分も問題なく塗装出来ます。
サイディングボードの表面はデザイン性のある凹凸の柄が施されているものが多くあります。
しっかり塗料を密着させて塗るという点でサイディングにはローラーによる塗装が適しています。

 

 

 

まとめ

吹き付けによる塗装とローラーによる塗装は、どちらも綺麗な塗膜を形成することが可能です。
外壁材にどちらが適しているかを判断するのであれば、凹凸部分があっても十分に塗装できるかという点で比較しましょう。
吹き付けによる塗装では、凹凸部分に塗料が行き渡りにくいというデメリットがあります。
そのため、サイディングの塗装にはローラーによる塗装が適しています。

 

 

▼30秒で複数業者に一括見積り!▼


【リショップナビ】



関連ページ

サイディング壁の塗装は不要?メンテナンスフリーって本当!?
サイディング壁はメンテナンスが楽、メンテナンスフリーと言われたりもします。では、サイディング壁の塗装は不要なのでしょうか?
窯業系サイディングの特徴は?何に気をつけて塗装すればいいの?
窯業系サイディングにはどのような特性があり、どんな点に注意して塗装すると良いのでしょうか?
塗装でサイディングに適しているのはつや消しとつや有りのどっち?
外壁の塗装で使われる塗料には、つや消しとつや有りがあります。サイディングを塗装する際に、つや消しとつや有りはどのように選ぶと良いのでしょうか?
サイディングを塗装する時、継ぎ目部分も塗装するの?
サイディングはボードを重ねて貼っているため、外壁にはボードの繋ぎ目部分があります。サイディングを塗装する時には、この継ぎ目部分も塗装する必要があるのでしょうか?
サイディングの目地に隙間が出来ている時の塗装はどうするの?
サイディング外壁の家は、サイディングの繋ぎ目、目地部分に隙間が出来ているのを発見することがあるかもしれません。どんな補修が必要なのでしょうか?
サイディング塗装におけるコーティング目地の補修工程は?
コーキング目地の補修は塗装の前後どちらのタイミングで行うのが良いのでしょうか?コーキング目地の補修工程を確認しておきましょう。
サイディング塗装でのコーキングは打ち替えと打ち増しどっちがいいの?
サイディングの塗装を行う際には、コーキング部分の劣化のチェックも必要です。 劣化が進んでいるのであれば、出来るだけ早く補修すべきです。補修方法には打ち替えと打ち増しがありますが、どんな違いがあるのでしょうか?
サイディングを塗装する時の注意点とは?
モルタル外壁が一般的だった日本も、今では新築の8割以上がサイディングを使用されています。モルタル外壁とは違う、サイディングを塗装する時の注意点を知っておきましょう。
サイディング外壁をクリア塗装する場合の手順は?
塗装の際に、気に入っているサイディングの柄を残すためにクリア塗装を選ぶ方は多いのではないでしょうか?塗装の手順は普通の塗料と違うのでしょうか?