サイディング 塗装 黒

サイディングの塗装に黒色はダメって本当?!

黒に塗装された外壁はモダンな雰囲気や和風テイストに仕上げてくれます。
しかし、塗装業者の多くは黒で塗装することを勧めません。
塗料には黒があるのに、サイディング外壁の塗装に黒が勧められない理由はなぜでしょうか?

 

 

●黒い壁は熱吸収率が高くて家が暑くなってしまいます。
●黒は汚れが目立ちやすい色です。

 

 

 

黒い外壁は暑い!?

黒い色は熱吸収率が高くなります。
そのため、白い外壁に比べて10℃〜20℃近く熱を吸収してしまいます。
黒い外壁は直射日光を受けて60〜70℃以上になる部分もあり、小さいお子様が触ってしまうと火傷してしまう危険性もあります。
また、断熱材がしっかり入っていない家であれば、この熱が家の内側まで伝わってしまい、室内が暑くなってしまう場合もあります。

 

 

 

黒は汚れが目立つ色!

黒で塗ると汚れが目立ちやすいことも理解しておく必要があります。
紫外線を浴びやすい黒は劣化が早いのと同時に、色褪せも目立ってきます。
さらに劣化によってチョーキング現象が発生すると、白っぽい粉が出るので、原色で、しかも白の反対色である黒い外壁では目立ってしまうでしょう。
また、水垢汚れも白く残って目立ってしまうかもしれません。
塗り立ての黒い壁はシックで格好良い仕上がりになりますが、汚れが目立ちやすいために美観が損なわれ劣化が早く感じるかもしれません。

 

 

 

まとめ

黒で塗装するなら、モダンさや重厚感を醸し出すことが出来ます。
しかし、黒は熱吸収率が高いという特徴があります。
外壁が熱くなるだけでなく、家の構造によっては、熱を通してしまい夏の室内は暑くなってしまうかもしれません。
また、黒の外壁は色褪せやチョーキング現象、水垢といった汚れが目立ち、美観を損ねる原因にもなります。
家のバランスやテイストを考え、黒でサイディングを塗装することを考える場合は、これらのデメリットがあることを念頭におき、熱の吸収をおさえる遮熱塗料を使うことや、家が暑くならないような対策、汚れの付きにくい塗料を選ぶことが必要になるかもしれません。

 

 

関連ページ

サイディング壁の塗装は不要?メンテナンスフリーって本当!?
サイディング壁はメンテナンスが楽、メンテナンスフリーと言われたりもします。では、サイディング壁の塗装は不要なのでしょうか?
窯業系サイディングの特徴は?何に気をつけて塗装すればいいの?
窯業系サイディングにはどのような特性があり、どんな点に注意して塗装すると良いのでしょうか?
サイディングを塗装するとレンガ調はどうなってしまうの?
気に入って選んだレンガ調のサイディング外壁を塗装すると、このレンガのデザインはどうなってしまうのでしょうか?
サイディングは再塗装すると柄が無くなってしまう?
気に入っている柄が再塗装をすると無くなってしまう、と塗装業者に言われショックを受けた方もいらっしゃるかもしれません。 どうにか、サイディングの柄を残す方法はないのでしょうか?
柄のあるサイディングを塗装する時に使われるクリア塗装って何?
サイディングのデザインを残したまま塗装が出来る「クリア塗装」はサイディング塗装の選択肢のひとつとして、普及してきています。どんな特徴や注意点があるか見てみましょう。
サイディング塗装で納得のデザインに塗装するには?
色や塗り分け方を考える際には慎重になるものです。納得のデザイン、またイメージ通りの色に塗装してもらうためには、どうすれば良いでしょうか?
塗装でサイディングに適しているのはつや消しとつや有りのどっち?
外壁の塗装で使われる塗料には、つや消しとつや有りがあります。サイディングを塗装する際に、つや消しとつや有りはどのように選ぶと良いのでしょうか?
サイディングを塗装する時、継ぎ目部分も塗装するの?
サイディングはボードを重ねて貼っているため、外壁にはボードの繋ぎ目部分があります。サイディングを塗装する時には、この継ぎ目部分も塗装する必要があるのでしょうか?
サイディングの塗装には吹き付けとローラー塗装どっちがいいの?
同じ塗料を使って外壁を塗装する場合でも塗装の方法には吹き付けによる塗装とローラーを使った塗装があります。サイディング外壁を塗装する場合は、吹き付け塗装とローラー塗装のどちらが適しているのでしょうか?
サイディングの目地に隙間が出来ている時の塗装はどうするの?
サイディング外壁の家は、サイディングの繋ぎ目、目地部分に隙間が出来ているのを発見することがあるかもしれません。どんな補修が必要なのでしょうか?