サイディング 塗装 おすすめ

サイディングの塗装におすすめの塗料は何?

サイディング塗装のための塗料にはいくつも種類やグレードがあり悩みますよね。
塗装業者によってもおすすめも違います。
どんな塗料を選べば良いのでしょうか?

 

 

●塗り替えサイクルと耐用年数、金額を比較して選ぶことが出来ます。
●サイディングの種類や劣化状況にあった塗料を選びましょう。

 

 

塗り替えサイクルに合った塗料でお得に塗装!

塗料にはその機能を保てる期間、耐用年数があります。
例えばシリコン塗料であれば10〜13年、フッ素塗料であれば15〜20年という具合にです。
そして、家にも建て替えまでの寿命や、自分が住み続けたい期間というものがある程度あります。
塗料を選ぶにあたって家の寿命に合った耐久性をもつ塗料を選ぶことは、お得に塗装するひとつの方法です。
塗料の耐用年数を目安にして家の寿命までに何回塗装する必要があるか比較してみて下さい。
それに加えて塗装工事費の合計金額を出してみましょう。
施工費が少し高い塗料でも、耐用年数が長ければ、家の寿命が長ければ長いほど、塗装回数が少なく、お得に塗装工事が出来ます。
長い目で塗装工事を計画するのであれば、ライフプランと比較して、どの塗料を選べば子供の進学など、お金がかかる時期と外壁塗装工事がかぶらないように出来るかという方向から塗料の種類を選ぶことも出来ます。

 

 

 

種類や環境にあった塗料選び

サイディングの再塗装ということは新築時の外壁材を決めるのとは違い、すでに今の家の立地環境をよく知っているという利点を活かした塗料選びが出来ます。
既にサイディングに劣化が生じているところはどこでしょうか?
海が近くて潮風の影響を受けているのであれば、塩害に強い塗料を選ぶと良いでしょう。
カビや錆が発生しているのであれば、防カビ機能や防錆機能がついた塗料を選ぶことでサイディングの種類や環境に適した塗料を選べます。

 

 

 

まとめ

サイディング外壁の塗装のために納得のゆく塗料を選ぶには、塗料の耐用年数や家の寿命、金額を目安にするのはおすすめです。
また、現在の外壁の状態を知る事も塗料選びに役立ちます。
ライフプランや家の寿命、立地環境はそれぞれです。
同じ塗料を選んでも、ある人にとってはお得になっても、ある人には高すぎたと感じるかもしれません。
自分の家にあった塗料を選ぶためにも、自ら余裕をもって塗装工事の計画を立てることや、複数の塗装業者から見積もりをとって適正価格を知る事、無料の外壁診断を依頼して外壁の状態を知っておくことにしましょう。

 

 

▼30秒で複数業者に一括見積り!▼


【リショップナビ】



関連ページ

サイディングの塗装には水性と油性どちらの塗料がいいの?
サイディングの塗装に使われる塗料には、塗料を溶かす液体によって水性塗料か油性塗料かに分かれています。それぞれの特徴を知って、サイディング塗装にどちらが良いか考えてみましょう。
サイディング塗装に使われるウレタン水性塗料とシリコン塗料の違いは?
サイディングの塗装に使われる塗料で最も比較される塗料はウレタン水性塗料とシリコン塗料です。2つの塗料にはどんな違いがあって、サイディングの塗装にはどちらが適正なのでしょうか?
サイディング塗装で光触媒塗料を使うメリットとデメリットは?
太陽と雨を利用した自然の力で汚れを落とす光触媒塗料は、次世代塗料としてサイディング塗装の塗料としても注目を集めています。光触媒塗料のメリットとデメリットを見てみましょう。
サイディング塗装にフッ素塗料はおススメ?
サイディングの塗装に使われるフッ素塗料は一般住宅だけでなくビルやマンションの塗料として使われています。マイホームのサイディング塗装にも効果的なのでしょうか?
サイディング塗装用の塗料にある耐用年数って何?
サイディング塗装のための塗料選びの判断材料になる点に耐用年数という指標があります。塗料の耐用年数とは何でしょうか?