外壁 塗装 トラブル 車

外壁塗装工事で多いトラブル 「車」 問題を防ぐには?

外壁塗装工事中のトラブルは業者さんも施主さんも、誰しも避けたいものです。
しかし、トラブルは残念ながら後を絶ちません。
防ぐことは出来ないものなのでしょうか?
外壁塗装工事でのトラブルで案外多い、「車」に関係するトラブルに注目して、どのように防ぐことが出来るか見てみましょう。

 

 

●車に塗料が付着するトラブルは養生によって防げる問題です。
●車の問題は近隣を巻き込む大トラブルになることもあるので注意が必要です。

 

 

車も養生しましょう!

車トラブルで多いのは、塗料が車に付着したという問題です。
故意に付けることはなくても、吹き付け塗装の場合は塗装の際に周りに飛散しますし、風が強いと予想以上に飛んでしまい車に付着しているということもあります。
飛散することを考えて窓や玄関などの養生はしっかりされていますが、車の養生は忘れている、もしくは気にかけていないという業者さんもいます。
建物と駐車スペースが近い場合は特に飛散して付着する可能性があるので、車も養生してもらいましょう。
車専用の養生シートであれば取り外しも簡単に出来ます。
トラブルの原因を作らないためにも、また「このぐらいの距離は大丈夫なのか?」と必要以上に心配しなくてもいいよう、塗装工事期間中は車の養生をしておくことをおススメします。

 

 

 

車のトラブルが近隣を巻き込む!?

塗料の付着を注意すべきなのは自家用車だけではありません。
近隣との距離が近いと、風によって隣の家の車にも塗料が飛ぶ可能性があります。
自分で依頼した塗装工事で付着する場合でも嫌と思うのが当然なのですから、ご近所さんはなおのことです。
ご近所トラブルに発展する大問題です。
自分の車だけでなく近隣の車の位置も確認し、必要であればトラブルを防ぐためにも養生することを業者さんと一緒に申し出ると良いでしょう。
また、車のトラブルは他にもあります。
業者さんのトラックや車の駐車位置です。
駐車禁止の所に長々と停めていたり、道や隣の家のカーポートや玄関をふさぐように停めてしまったりしていないでしょうか?
1日ぐらいならともかく、2週間も続くと近隣に迷惑です。
塗装工事が始まる前に業者さんと駐車位置の確認をしておくことは効果的です。

 

 

 

まとめ

外壁塗装工事での車のトラブルは、予防出来るものがほとんどです。
塗料が飛散によって車に付着しないように、自分の車や近隣の車をしっかり養生しておきましょう。
また、工事車両の駐車位置を前もって確認し、近隣の迷惑にならないようにしましょう。
業者さんとご近所さんは1か月弱の関りですが、施主さんは塗装後もそこに住み続けます。
塗装工事が近隣トラブルの原因になることは避けたいですよね。
大した事ではないと軽くあしらうような業者さんではなく、近隣にも配慮が出来る業者さんであるかどうか、またトラブルにならないためにどんな対策を講じてくれるかなどを確認するようにしておきましょう。

▼30秒で複数業者に一括見積り!▼


【リショップナビ】



関連ページ

サイディングの塗装は築何年目が目安?手遅れにならないためには?
サイディングを塗装すべき目安を知っていれば、費用や時期の点で準備がしやすいものです。サイディングの塗装は築何年目が目安となるのでしょうか?
サイディングを塗装すべきサイン「チョーキング現象」とは?
チョーキング現象とは何かを知っていることで、自分でもサイディングの劣化状況を知ることが出来ますし、悪徳業者にせかされることも防げるので知っておきましょう!
サイディング塗装のタイミングを知る外壁の劣化サインとは?
どのようにサイディングの状況や塗装すべきタイミングを知る事ができるでしょうか?
サイディング塗装の施工期間はどれぐらいかかるの?
塗装工事は出来るだけ短い方が嬉しいですが、施工期間が短いために、いい加減な塗装をされるのは嫌ですよね。サイディング塗装にはどれぐらいの施工期間がかかるのでしょうか?
サイディングのリフォームの中で塗装が最もメリットが高い!?
サイディングのリフォーム方法には、塗装、重ね張り、張替えの3つの方法があります。この中で最もメリットが高い方法は塗装です。どんな点がメリットとなるのでしょうか?
サイディングの塗装が出来ない!?塗り替えの必要はないの?
サイディングの中には塗装が出来ない種類があります。どんなタイプのサイディングなのでしょうか?塗り替えの必要は本当にないのでしょうか?
サイディング塗装によくあるクレームの種類から学ぶ成功へ導く対策!
サイディング塗装によくあるクレームの種類から、塗装に失敗しない対策を学びましょう。
外壁塗装工事中のお茶出しは必要?冬はどうするの?
外壁塗装工事中、自宅に居ると特に暑い中や寒い中、働いてくれている職人さんにお茶出しをしたいと思う方も多いのではないでしょうか?職人さんに気持ちよく働いてもらう為にもどんな配慮が出来るか見てみましょう。