サイディング 塗装 レンガ調

サイディングを塗装するとレンガ調はどうなってしまうの?

サイディング外壁の魅力のひとつにデザインの豊富さという点があります。
家のテイストやデザインに合わせて、こだわって柄を選んだ方も多いのではないでしょうか?
では、気に入って選んだレンガ調のサイディング外壁を塗装すると、このレンガのデザインはどうなってしまうのでしょうか?

 

 

●単色で塗ってしまうとレンガらしい風合いは無くなってしまいます。
●レンガ調にこだわって塗装することも可能です。

 

 

凹凸はあるけど、レンガ調の風合いが無くなる!?

レンガ調のサイディングは大抵の場合、レンガのサイズに合わせた凹凸と、色の変化で影をつけることによってレンガらしい風合いを醸し出しています。
しかし、再塗装をする場合は、単色で塗られます。
単色で塗ってしまうと、元々の凹凸の模様は残るものの、レンガ調の風合いは無くなってしまい、当初の見た目と変わってしまいます。
塗ってしまった後に、イメージと違った!いうことにならないよう、塗装業者さんに完成イメージの写真やパースを見せてもらうようにしましょう。

 

 

 

こだわる分だけ費用もかかる!

サイディングとはいえ、レンガ調の風合いにこだわって塗装してしまうことは可能です。
しかし、そのためには数色の塗料が必要ですし、影をつけたり塗り分けたりして塗装する業者さんの腕の良さやセンスも重要です。
その分手間がかかってしまうので、一般的に単色で塗るより塗装の費用もかかってしまいます。

 

 

 

まとめ

レンガ調のサイディング外壁は塗装をすると、単色で塗るためレンガっぽい風合いは無くなってしまいます。
しかし、レンガ調にこだわって塗装することも可能です。
その際は工事期間が延びることや、その分費用が高くなってしまうことを念頭に置いておきましょう。
単色でもオシャレに塗ることは出来るので、この機会にテイストやデザインをガラリと変えることを楽しんでもいいかもしれませんね。

 

 

▼30秒で複数業者に一括見積り!▼


【リショップナビ】



関連ページ

サイディングは再塗装すると柄が無くなってしまう?
気に入っている柄が再塗装をすると無くなってしまう、と塗装業者に言われショックを受けた方もいらっしゃるかもしれません。 どうにか、サイディングの柄を残す方法はないのでしょうか?
柄のあるサイディングを塗装する時に使われるクリア塗装って何?
サイディングのデザインを残したまま塗装が出来る「クリア塗装」はサイディング塗装の選択肢のひとつとして、普及してきています。どんな特徴や注意点があるか見てみましょう。
サイディングの塗装に黒色はダメって本当?!
塗装業者の多くは黒で塗装することを勧めません。 塗料には黒があるのに、サイディング外壁の塗装に黒が勧められない理由はなぜでしょうか?
サイディング塗装で納得のデザインに塗装するには?
色や塗り分け方を考える際には慎重になるものです。納得のデザイン、またイメージ通りの色に塗装してもらうためには、どうすれば良いでしょうか?
外壁塗装で色を組み合わせるときの注意点は?
サイディングの色を組み合わせて塗装する時には注意しなければいけないことがあります。ここでは、色の選び方ではなく、組み合わせて塗装工事をする時の注意点をご紹介したいと思います。
サイディングの塗装で2色に塗り分けることでおしゃれに出来る?
ツートンカラーとも言われる2色による塗り分けの塗装方法は、外壁をおしゃれに見せてくれます。サイディング外壁でも2色に塗り分けることは可能なのでしょうか?
サイディング塗装でタイル調の風合いを残すことは出来る?
サイディングは塗装するとその風合いが消えてしまうという話を聞いたことがあるかもしれません。本当にサイディングを塗装するとタイル調の風合いを残すことは出来ないのでしょうか?